整形外科、リハビリ、スポーツ医学、慢性疼痛、成長痛
目指せホンモノ健康!健康をあなたから。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW
清泉クリニック整形外科 東京 荻窪
今の職業を目指したきっかけ

就職をするにあたり、資格を取りながら長く続けられる仕事に就きたいと考えていました。医療事務の仕事は基本の業務をこなすだけではなく、経験を積むことでスキルアップのできる仕事であると思ったことが目指すきっかけとなりました。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

私は中学から大学まで様々なスポーツに関わってきました。
その中で競技復帰のためにリハビリをしている選手を近くで見てきました。形は違いますが、私もそういった方の手助けをしたいと思い、当クリニックを選びました。

職場の雰囲気

全体的に職員の皆さんは明るく、物事もはっきりと伝えてくれる方が多いです。クリニックにはアシスタントも多く働いており、理学療法士を目指している学生やお子さんを持つ方もいます。
休み時間には部署関係なく、仕事以外の話をするなど、和気あいあいとしています。
また、私が所属する医事部は、4人と人数は少ないですが、頼れる方ばかりでそれぞれの得手不得手をカバーしあい、誰かが大変な時はフォローするなどして、日々業務を行っています。不明点や疑問点があった場合には一緒に考えてくれたり、答えを教えてくれたりと安心して働ける環境です。

清泉クリニック整形外科や今の職業に対しての入社前・後のイメージ

入社前 : クリニックの受付業務は患者さんの誘導、会計、電話対応など事務的な処理を行っていると思っていました。

入社後 : 受付業務は、事務的処理以外にも、患者さんと医師、理学・作業療法士のパイプとなって業務を進めていくことがあります。 患者さんの求めていることを第一に考え、医師、理学・作業療法士に的確な情報、状態を伝えることの難しさを痛感しています。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

「接しやすい、話しやすい」と思ってもらえるような職員を目指しています。
その為には、患者さんに寄り添いながら、一人ひとりに合った応対を行うことを心がけていきたいです。
受付業務は、まだまだわからないことも多くあるので、実務を通じて、経験を積みながら医療事務の知識をさらに増やしていきたいと思っています。

※所属や仕事内容は取材当時のものです

今の職業を目指したきっかけ

高校生の頃、部活であるアメリカンフットボールで右肩と両膝を怪我し、リハビリをすることになり、理学療法士という職業を知りました。
部活に復帰するためにリハビリをしていく中で、自分自身も怪我で困っている選手を手助けしたい、そして再度怪我で苦しまないようになってほしいと思い、スポーツ選手を診ることのできる整形外科分野での理学療法士を目指しました。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

自分が理学療法士を目指したきっかけでもあるスポーツ障害に対するリハビリができることに加え、アメリカンフットボールの選手の来院数が多いことが決め手でした。加えて、当クリニックの院長の加藤が高校時代のチームドクターであり、私の右肩と左膝を手術した先生でもあったため、スポーツ障害の急性期や保存療法、術後のリハビリなど様々な時期でのリハビリが行えるのではないかと考えました。
また、当クリニックは地域の高齢な方も来院されるため、スポーツ障害のみでなく変形性関節症等の変性疾患等に対するリハビリを行うこともあり、疾患や年齢層が幅広く見られることも、自分としては魅力でした。

職場の雰囲気

職員間は他の部署であっても仲がよく、公私ともにコミュニケーションは取りやすいと思っています。院内全体での有志によるサークル活動や遊びに行くこともあり、英会話やバスケ、レーシングカート等を行うなどをしています。職場内の良い雰囲気につながっていると思います。
理学診療部としては、担当患者さんに対する悩みを臨床中に相談することができる環境や手技の練習相手になってもらえるなど、仕事でのコミュニケーションも取りやすいです。

担当している患者

担当している患者さんの年齢層としては下が小学生から、上は90歳以上の方を担当しています。学生の患者さんでは部活などのスポーツ障害で来られる方が多く、部位としては肩関節、膝関節、腰部、足関節等が多いです。また、当院で診る機会が多いスポーツとしては、アメリカンフットボール、野球、バスケットボール、ラクロスなどです。社会人から高齢者の方では様々な部位を担当することがあり、特出して多い部位としては 膝関節、腰部、頚部が多いです。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

現在、Orthopedic Manual Therapist(OMT)という、整形外科分野での徒手療法のスペシャリストの資格を取るための勉強や研修参加をしています。この資格を取ることが自分の現在の目標です。

外部活動

現在、小学生のフラッグフットボールと中学生のアメリカンフットボールのクラブチームにてトレーナー活動をしています。過去には高校のアメリカンフットボールチームでのトレーナーをしていました。
また、トレーナー活動とは別に訪問リハビリの非常勤を行っていたこともあります。
自身のスキルアップにつながるような外部活動に関しては、快く活動する許可をもらえるため、非常にやりやすい環境となっています。

※所属や仕事内容は取材当時のものです

今の職業を目指したきっかけ

私は以前、柔道整復師として施術をしてきました。しかし、その仕事、仕事場に満足を得ることができず、柔道整復師の知識を活かし違う方向から医学をみてみたいと思ったのがきっかけです。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

清泉クリニック整形外科は静岡県駿東郡清水町にもあります。
その近くに住んでいたこともあり、とても親近感を持ったので、今の家の近くにある清泉クリニック整形外科 東京荻窪を選びました。
当時クリニックは開院して2年目。知り合いから「いいクリニックよ」と教えてもらったのも選んだ理由のひとつです。

職場の雰囲気

若手でも意見ができる環境であり、人間関係も良好です。
若手の仕事への取り組む姿勢、勉学への意欲が活気を生みだし働く情熱を感じる職場です。

担当している患者

トレーナーの仕事はしたことなく、入職前は、野球、サッカーなどの選手を指導、ケアをするイメージでした。しかし、入職後は怪我をしたスポーツ選手だけでなく、老若男女どんな方でもドクター、理学療法士、トレーナーが連携をとり患者様一人一人に必要な運動指導や、心が少しでも晴れるようお話を聞いたりして、患者さまがリハビリから卒業できるようお手伝いするという大きな仕事ができるのだと感じています。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

患者さまと多くのお話をしていくことで、生活環境がわかり痛みの出る原因を知ることもできています。今後もいつも笑顔で患者さまのリハビリしやすい環境をつくり、気持ちよく帰宅していただける方が一人でも多くなることが私の目標です。

※所属や仕事内容は取材当時のものです