整形外科、リハビリ、スポーツ医学、慢性疼痛、成長痛
目指せホンモノ健康!健康をあなたから。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW
清泉クリニック整形外科内科 鹿児島
今の職業を目指したきっかけ

私自身、部活動で野球をやっていたことがあり、怪我をして競技復帰ができない時期がありました。自分の体を思うように動かせず、苦しい思いをしていましたが、その際にリハビリで関わった理学療法士の方に怪我の治療はもちろんのこと、精神的な面で支えていただいたことがきっかけとなりました。リハビリを受ける方は、私もそうだったように、だれしも体の不調により辛い思いをされていると思います。それを身近な立場で支えていき、私と関わることで少しでも辛さが和らいだ、幸せな人生に近づけたと思っていただける職業に就きたいと思い、理学療法士を目指しました。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

共有理念である「心身一如」のもと、型にとらわれず患者様の身体的、精神的な両面からサポートができるという私が目指す理学療法士像に近づけると考えたからです。また、学生から高齢の方まで幅広い年代、様々な症状の方が来院されるため、患者様と関わる中で自らも成長でき、将来的に進みたい道の選択肢も広がると思い、清泉クリニックを選びました。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

スポーツ現場で、過去の私のように競技に支障が出ている方々の治療に携わっていきたいです。現在、清泉クリニックは全国5施設、静岡、東京、福岡、鹿児島と規模を拡大しています。今後スポーツ現場でも、学校、クラブなど全国規模で理学療法士として関わっていける環境を作っていけたらと考えています。

職場の雰囲気は

よく働き、よく遊ぶ。とにかく活気があり働きやすい環境です!

※所属や仕事内容は取材当時のものです

清泉クリニックを選んだ理由

ドルフィンポートの近くにある大きな整形外科で、目立っていました(笑)入社当時、鹿児島ではあまり聞きなれない『スポーツ医学』という言葉や、その内容にも惹かれました。
祖父母の介護をしていることがきっかけで、この職場に出会えることができました。

職場の環境

通所リハビリテーションでは、老若男女問わず様々な世代のスタッフと一緒に働いていますが、私のような子育て世代の女性が特に輝ける職場だと思います。
スタッフ同士で協力しながら『お互いサマよ!(笑)』と仕事と育児を両立することができ、とても良い環境で働かせてもらっています(笑笑)

入社前のイメージと入社後の雰囲気

建物もきれいで、海も近い・・・でも体育会系のゴリゴリのイメージでした。しかし、入社後には、仕事も一生懸命!遊びも一生懸命で元気いっぱいな雰囲気の良い職場でした。
この活気あるエネルギーを、利用者の皆さんにたくさんお届けしたいといつも思っています。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

清泉クリニックでは、働きながらいろいろな資格を取ることができます。私は現在、介護福祉士を目指して勉強中ですが、シニア体操や脳トレ、認知予防など、これからの超高齢化社会に立ち向かっていける、この部門のスペシャリストになりたいです。

※所属や仕事内容は取材当時のものです

職場の雰囲気は?

患者さんや職員含めて、とても明るく笑顔の絶えない活気のある職場です。医療事務は、一人ではできない仕事です。すべての部門との連携をいつも意識しながら、医事部のスタッフ全員で協力し助け合い、業務を行っています。

困ったことや、分からないことがあった時には、フォローしてくれる頼もしい先輩方がたくさんいます。

OJT(On-The-Job Training)も充実しているので、医療のことが全く分からなかった私でも、安心して働くことができ、この職場で仕事ができることに感謝しています。

自分自身の成長を、いつも感じながら働ける環境は、仕事へのやりがいに繋がり、もっとたくさんのことを学びたいと思えるきっかけになりました。

※所属や仕事内容は取材当時のものです