整形外科、リハビリ、スポーツ医学、慢性疼痛、成長痛
目指せホンモノ健康!健康をあなたから。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW
清泉クリニック整形外科 東京 五反田
今の職業を目指したきっかけ

中学校・高校とサッカー部に所属しており、部活動をしている際に捻挫や肉離れなどの怪我を多くし、その度、理学療法士の方に対応していただきました。この理学療法士の方から怪我に対する治療だけでなく再発予防に対してのトレーニングやアドバイスをしていただいたおかげで最後まで部活動をすることができ、このような経験により私が理学療法士を目指すきっかけとなりました。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

私が清泉クリニック整形外科を選んだ理由は、一般的な整形外科疾患に加えスポーツ障害に対して力を入れていることと地域医療として健康教室やボランティア活動などの予防医療に積極的に活動していることです。このような活動を一緒にしたいと思い清泉クリニック整形外科を選びました。

職場の雰囲気

職場の雰囲気は楽しむところは思う存分楽しむ、締めるところは締めるといった切替がはっきりしている職場です。
また、職員一人一人が他の職員のことを考えどのようにしたら職員全体、患者さんが幸せに毎日を過ごせるかを考えていると感じます。

清泉クリニック整形外科や今の職業に対しての入社前・後のイメージ

理学療法士としての入社前後のイメージは、学生の時に臨床実習なども体験していたためほとんど差はなかったと思います。
職場に対してのイメージは、入社前は理学療法士という仕事は技術職であるため、技術は私自身が能動的に活動し吸収していくものだと思っていましたが、入社後は新人教育などのプランニングがされており、しっかりしているなと感じました。

※所属や仕事内容は取材当時のものです

今の職業を目指したきっかけ

私自身、学生の時にケガが多く知人にPTという職業があるというのを紹介いただいたことと、祖母が入院中のリハビリでPTの方と話したことで興味がわいたことがきっかけです。

なぜ清泉クリニック整形外科を選んだのか

専門学校の先生に紹介してもらい、清泉クリニック整形外科を見学して、患者さんが笑顔でスタッフの方も活き活きと仕事をしており、ここなら楽しく仕事ができると思い選びました。

職場の雰囲気

とても楽しい職場だと思います。
患者さんと、気さくに話しながら体操や運動をしたりすることも楽しいですし、職員同士で趣味など仕事以外の話もできる楽しい職場だと思います。

清泉クリニック整形外科や今の職業に対しての入社前・後のイメージ

入社前は、ここまで患者さんと気さくになれる職場・職業とは思っていませんでした。
学生時代に実習で患者さんとPTの先生の触れ合いなど見ていましたが、清泉クリニック整形外科のリハビリのように患者さんの笑顔が多いイメージがあまりありませんでしたが、入社して「病院やクリニック」のイメージは変わりました。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

将来は、清泉クリニック整形外科で学んだことを地元に持ち帰り、生かしたいと思っています。そのためには、清泉クリニック整形外科で今まで以上に患者さんに信頼してもらえるように、また、この理学療法士にリハビリをしてもらいたいと思っていただけるように知識・技術を磨いていきたいと思っています。

通所・訪問リハビリテーションのやりがいは?

医療保険とは異なり、介護保険では利用者さんの生活の環境(自宅やご家族)により近い立ち位置で関わることが多くあります。
利用者さんが安心して生活を送ることができるために運動プログラムを構成したり、生活環境(家屋改修等)の相談に乗ることもあり、医療保険でのリハビリではなかなか経験できないことが多く、やりがいを感じています。

※所属や仕事内容は取材当時のものです