整形外科、リハビリ、スポーツ医学、慢性疼痛、成長痛
目指せホンモノ健康!健康をあなたから。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW
清泉クリニック整形外科 福岡
今の職業を目指したきっかけ

私は、高校時代に部活で両膝を痛めて、手術を経験しました。
術後のリハビリを担当してくださった理学療法士さんのおかげで、痛みが徐々に少なくなり、膝の機能もどんどん回復していきました。それまで、『誰かの役に立てるような職業に就きたい』と、漠然と考えていましたが、リハビリを通して『私も、痛みで苦しんでいる人たちの手助けができる理学療法士になりたい!』という自分の将来像を持つことができたので、この職業を選びました。

清泉クリニックを選んだ理由と今後の目標

学生時代にSpine-Dynamics療法の講義を受けた時に、それまで講義で学んできた患部治療も大事だが、患者さんの全身を捉える治療の重要性を学びました。他の施設とは違った視点から患者さんの痛みにアプローチできるSpine-Dynamics療法の考え方を深めていきたいと思い、この職場を選びました。
脊柱と患部の関係性をもっと自身の中で深めていき、ウィメンズヘルス理学療法に繋げていくことが将来の目標です。

入社前の職場のイメージと入社後の職場の雰囲気

女性の理学療法士が少なかったので、『女性には難しい職場なんじゃないかな?私にちゃんと務まるのかな?』と不安でした。しかし、入社後はすべてのスタッフが温かく私を迎えてくれました。
仕事の中で疑問に思ったことを一緒に調べてくれる同僚や、臨床推論の立て方を教えてくれる先輩に出会い、学んだ知識を活かせる職場で働くことができて本当に良かったです。
ゴルフやバドミントンなどのサークル活動も学生時代の部活みたいで楽しいですよ!

※所属や仕事内容は取材当時のものです