整形外科、リハビリ、スポーツ医学、慢性疼痛、成長痛
目指せホンモノ健康!健康をあなたから。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW
清泉クリニック整形外科 福岡
今の職業を目指したきっかけ

学生時代に軟式テニスをしており、怪我をするたびに整形外科や整骨院で治療を受けていました。そこで理学療法士さんや柔道整復師の方に体の治療だけでなく、精神的にサポートいただき、テニスを続けることができました。形は違いますが、将来自分も医療業界で働き患者様に寄り添ってあげられる人になりたいと思ったことがきっかけです。

清泉クリニックを選んだ理由

前職では医療事務の経験のみでしたが、医療事務兼トレーナーとして働ける場があることを知って、これまでスポーツを通して学んだ経験をトレーナーとして活かしたいと思い、清泉クリニックを選びました。またホームページを拝見し、「病気を癒す主体は患者様」という理念や様々な治療をするための運動機器があることを知り、怪我や体の痛みに悩んでいる患者様と一緒に運動ができる環境に魅力を感じました。

入社前の職場のイメージと入社後の職場の雰囲気

医療事務とトレーナーを兼務するので、覚えることがたくさんあり最初は戸惑う事もありましたが、研修計画や先輩スタッフが優しく丁寧にご指導してくださったおかげで、最近では自分に出来る事が増えてきて今はすごくやりがいを感じながら楽しく働くことが出来ています。医療事務として受付で患者様応対する際は、挨拶程度で一人一人としっかりお話することが難しかったのですが、トレーナー業務で患者様と一緒にいる時間が増えたことで痛みのある患者さんが次第に回復することを直接経験することができ、ご自宅の悩みなど精神的にサポートする機会が増えました。患者さんをより身近に感じられるようになり、親しみのある声掛けができるようになりました。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

受付では、笑顔という接遇にて患者様の気持ちに寄り添い、トレーナーでは、体の治療をサポートし、心身ともになんでも相談しやすい医療事務兼トレーナーになれるように頑張ります!

※所属や仕事内容は取材当時のものです

今の職業を目指したきっかけ

小さい頃より医療関係者の人と関わることがあり、直接困っている人の役に立てる医療の仕事に興味を持っていました。高校が看護教養科という様々な医療の職業を学べる科に進学しました。理学療法士の方にお世話になったことがあり、理学療法士を目指すことにしました。専門学校に入学し実際に学校の先生方の話しや治療風景を見て、私が高校生の特に受けたリハビリのイメージと全く違いました。手技や運動で患者様の痛みや体の変化を出せることを知り、心の底から理学療法士を目指すようになりました。

清泉クリニックを選んだ理由

私は以前回復期病院で働いていました。患者様のリハビリを行っていく中でその場では効果が得られても次の日には戻ってしまうという事を経験し、患者様自身で日々トレーニングやストレッチを行って頂くことが大事だと思いました。そんな時に清泉クリニックでは、Spine Dynamics療法を軸にリハビリを行っているという事を知り『慢性疼痛を改善するためには患者様自らの自己医療が必要』という考えに惹かれ清泉クリニックで働きたいと思いました。

担当している患者

肩・膝・腰の疾患の方を多く担当させて頂いています。高齢の方から小学生~高校生の方も多く担当させて頂いております。今まで経験していなかったスポーツ障害や、慢性疼痛でお悩みの方などを担当させて頂いて新しい学びを感じております。

入社前の職場のイメージと入社後の職場の雰囲気

入職前はもともと回復期病院で脳血管障害の方を中心に診ていて、整形外科のクリニックは初めてだったのでうまく対応できるか心配でした。入職後は研修制度もしっかりしており、先輩方も優しく指導してくれるので安心して目の前の患者様の治療に専念することができています。

将来の目標や清泉クリニック整形外科でかなえたいこと

身体のことだけでなく多くの患者様の悩みを解消でき、心に寄り添えられるセラピストになりたいと思います。

※所属や仕事内容は取材当時のものです