香椎駅 徒歩9分・香椎参道バス停 徒歩3分

福岡

清泉クリニック整形外科

リハビリテーションについて

当院では、一般の患者のみなさまからアスリートまで、幅広く対応いたします。
そのための評価・治療機器を導入しており、患者のみなさまのサポートに尽力いたします。

Spine Dynamics
療法(スパイン ダイナミクス)

一般リハビリテーション 

Rehabilitation

当院では、理学療法士・作業療法士が患者のみなさまに合ったプログラムをオーダーメイドで作成し、運動療法、ベッドでの治療、物理療法を適切に行います。

症状を生じさせた背景までを治療対象とした際、重要なことは、セルフケア、生活習慣の変容を中心とした運動療法であり、「自ら体を動かす」ことを患者のみなさまのお気持ちに寄り添いながら、無理のない範囲でお手伝いいたします。

機器紹介

スポーツリハビリテーション

Rehabilitation

コンセプト

01 選手の希望を最優先する

当院では、ケガからスポーツ復帰に向けて選手の希望に応えることを優先して考えています。
受傷部位のリハビリで痛みへの対応だけでなく、選手のスポーツ復帰を第一に考え、ケガをする以前よりパフォーマンスを上げるためリハビリテーション、アスレティックリハビリテーション、セルフコンディショニングを実施・指導していきます。

02 選手の根本的な問題に焦点を当てる

ケガをするには原因があり、その原因はパフォーマンスアップの妨げになっていることも多く見られます。アスリートの抱える身体的な問題だけでなく、自律神経、生活習慣、メンタルなど包括的な視点で捉えることを重要視しています。

03 症状の改善から再発予防

痛みのケア、障害予防、パフォーマンスアップには選手自ら意識を高めてもらうことが大切であると考えております。そのためには、受け身ではなく能動的にプログラムに取り組んでいただくこと、つまり指導されるトレーニングではなく自らが目的を持って行うトレーニングとして捉えてもらうことも私たちは重要視しています。

04 自己医療の啓発

ケガをしてリハビリを終えた時に、以前より自分の体を理解し、自身のコンディショニング方法を学ぶことで、結果的にパフォーマンスにおいても以前よりよくなることが私たちの希望です。

復帰までの流れ

Step1 アセスメント

痛み・身体の問題(姿勢、可動域、筋力、体の使い方など)、生活習慣、抱えているストレスなど総合的に問題を把握するために問診を行います。その後、痛みのある患部の評価を詳細に行っていきます。そして、その患部に影響を与えている患部以外(全身)の状態も評価していきます。ここで得られた問題点からトリートメント・リコンディショニングのプランを検討します。


Step2 トリートメント・リコンディショニング

包括的に捉えた問題点からどのようなトリートメント・リコンディショニング・セルフケアが必要かを考え、個々の問題点に合わせてプログラムを作成し実施していきます。

Step3 スポーツリハ・セルフコンディショニング

治療が終わった後、スポーツ復帰に向けた段階となります。
障害予防・パフォーマンスアップのベースとなる身体機能の向上を図ることを目的とした自らの目的を達成するためのプログラムを提案します。

機器紹介

私たちは、以下の基本指針のもと、
患者のみなさまの回復をサポートいたします。

  1. 常に新しい知識・技術を学ぶように努めます。
  2. 患者のみなさまの体だけでなく、その方のおかれた心の状態、
    外的環境も同時に考えながら、個々にあったリハビリテーションを提供します。
  3. 患者のみなさまへの説明責任を持って、業務に努めます。