Paine
Clinic


痛みの外来(ペインクリニック外来)

副院長 富樫 秀彰

ペインクリニック
当医師 富樫 秀彰
プロフィール詳細


01つらい痛み

人は多くの方が体に痛みを抱えています。しかし、その痛みがあるレベルを超えてしまうと、体は痛みで動かなくなり、動かない体は心まで不健康にし、日常生活を楽しむ意欲をなくしていきます。

そのような患者さんの痛みを和らげ、心身ともに軽くして再び社会の中でいきいき、のびのび生活できるように総合的に治療するのがペインクリニック外来です。さまざまな疾患に対して神経ブロック療法、薬物療法を駆使して治療いたします。

02対応疾患

当院痛みの外来では、整形外科疾患はもちろんのこと、頭痛、三叉神経痛、帯状疱疹など整形外科以外の領域の痛みにも対応いたします。

整形外科疾患
頸肩腕の痛み(頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、肩こり、肋間神経痛など)、腰下肢痛(ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、変形性腰痛症、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症など)、関節の痛み(肩、股関節、膝)
頭部の痛み
片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛、顔面痛、後頭神経痛など
皮膚科領域の痛み
帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛など
その他痛みの疾患
手術後創部の痛み、がんの痛みなど
痛みではないがブロック治療が効果あるもの
顔面神経麻痺、顔面痙攣、突発性難聴、多汗症など

03Q&A

Q:ブロック注射は痛いですか?

A:できるだけ苦痛なくブロックを受けていただくために、配慮しておりますのでご安心ください。

Q:ブロック治療は高いですか?

A:健康保険が使えます。一番高いブロック治療でも3割負担で5000円以下です。(ブロック単体)

Q:注射が苦手です

A:患者様の希望を優先して治療行います。必要な治療はその都度提案させていただきます。


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine