あなたは今まで、レントゲン室に入ると圧迫感を感じたり、
MRI検査を受けると窮屈な穴に入れられたような気になり気分が悪くなったことはありませんか?

当施設では

  • ・広く開放感のある検査室
  • ・柔らかい光で落ち着いた雰囲気の照明
  • ・ヒーリング効果のあるBGM
  • ・最新鋭のワイドオープン型MRI装置の導入

患者様にいかにリラックスして検査を受けていただけるか? ということを第一に設計しました。

■ 環境にも患者にも優しいレントゲン室

REGIUSベーシックシステムを導入しました。
デジタルならではの最適化処理により少ないX線量で患者様への影響を最小限にすることができ、安定した高品位な画像を診断に用いることができます。またフィルム出力時にはドライレーザーイメージャーを使用しています。
従来のものと違い現像液等の廃液を一切出しません。撮影依頼はすべて電子カルテから送られ、撮影した写真は画像ネットワークシステムにより撮影後すぐに診察室に送られるため患者様の待ち時間が短縮されます

広く開放感のある検査室、柔らかい光の照明、ヒーリング効果のあるBGMにより、患者様にリラックスして検査を受けていただけるように設計しました。更衣室がありますので患者様のプライバシーも守られます。

■ 最新鋭のワイドオープン型MRI装置導入

MRI検査とは強力な磁石を用いて体内の構造を調べる検査です。痛みや放射線の被曝など身体に影響はありませんので安心して検査を受けてください。従来のMRI装置と比べて前面が大きく開いたワイドオープン型の装置なので圧迫感・閉塞感が少なく、子供やご高齢の方でも安心して検査が受けられます。

当施設では地域医療普及のためMRI装置を地域の医師が自由に利用できるように開放しています。

■ 画像ネットワーク

レントゲン室で撮影された画像は、デジタル処理されすぐに診察室に送られます。
これにより患者様の待ち時間が短縮されます。またフィルム出力しないので資源の無駄を省きます。


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine