2011-12-17

Good Life Magazine  第 38 号  リラクゼーションとは?

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Good Life Magazine 第38号              2011年10月10日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

CONTENTS〈目次〉───────────────────────────
■ リラクゼーションとは?
■ お知らせ

───────────────────
◆ リラクゼーションとは?
───────────────────

皆さん巷で「リラックス」とか「リラクゼーション」なんて言葉をよく耳にすると

思いまが、よく聞くけれど詳しく知っている方は少ないかと思います。

と言うことで今回は「リラクゼーションとは?」についてお話していきます。

まずRelaxation「リラクゼーション」という言葉ですが・・・

正しくは「リラクセーション」と読み、本来は「弛緩」とか「緩和」という意味です。

つまり簡単に言えば身体や心を緩めることです。

広い意味では、休養。息抜き。気晴らしを意味して使われることもあります。

一般的に「ストレスがたまっている」と感じるときは、疲労や緊張、

心の不安定が持続し、交感神経が活性化している状態になっています。

反対に「リラックスした状態」とは、副交感神経が活性化している状態で、

緊張や心の不安定を緩和し身体内のバランスが安定していることをいいます。

この疲労や緊張、心の不安定からくる身体の不安定を整えることを意図的に

行う技法をリラクゼーション(リラクセーション)といいます。

ここで大事なポイントになるのが交感神経と副交感神経(合わせて自律神経)です。

交感神経の働きは筋肉を緊張させたり、脈拍を早めたりするときなどに働くため

汗をたくさんかいたりします。あがり症の方が人前に立つと汗をかいてしまうのは

この時、交感神経が活性化しているからです。

逆に副交感神経の働きは筋肉の緊張を緩めたり、脈拍を落ち着けるときなどに

活性化し、眠くなったりします。

つまり筋肉の力が抜けている時(副交感神経優位)のときには交感神経はあまり

働いていない状態になっています。これがリラックスしている状態です。

仕事での疲れがずっと抜けない・常に肩に力が入っている・睡眠不足などが続くと、

長期間交感神経が優位の状態になってしまい、自律神経のリズムが崩れてしまいます。

これがひどくなると自律神経失調症となり、体の様々なところに異変が生じてしますのです。

皆さんにはこうならないでいただきたい!!

というわけで次回はリラクゼーション(リラクセーション)を得る技法をご案内させて

いただきます。これをきっかけに日頃の生活を見直してみてはいかがですか?

次回お楽しみに・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine