2012-03-26

Good Life Magazine  第 47 号  すっきり寝起きの方法

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Good Life Magazine 第47号             2012年1月13日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

本年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年は震災により辛いことの多い1年となりましたが、
今年は日本が少しでも元気にになれるよう、職員一同頑張って
まいりますので、本年もご声援よろしくお願いいたします。

CONTENTS〈目次〉───────────────────────────
■ すっきり寝起きの方法
■ お知らせ

───────────────────
◆ すっきり寝起きの方法
───────────────────

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?正月気分がまだまだ抜けきれず

朝早く起きる事に憂鬱さを感じられている方もまだまだいるかと思います。

というわけで、今回はすっきり寝起きの方法をお伝えしたいと思います。

長く寝たのに寝足りない!!あまり寝ていないのにスッキリ!!

こんな経験1度はあるのではないでしょうか?体の中でいったい何が起きて

いるのか・・・皆さんはご存知でしょうか?

この理由はレム睡眠とノンレム睡眠が関係しています。

レム睡眠とは浅い眠り(脳の休憩時間)、ノンレム睡眠(脳の活動時間)とは深い

眠りのことを言います。この2つは約90分間隔で周期が来ます。

眠りに入るとまずノンレム睡眠状態になります。約90分後にレム睡眠状態と

なります。この睡眠周期から言えること…それはノンレム睡眠の真っただ中で

目覚めると凄ぉぉぉぉく眠たいんです!だって体は休みだァ!!っと言わんばかりに

全身を休めていますから。

逆にレム睡眠真っただ中で目覚めると、体はさぁいくぞォォ!っと言わんばかりに

活動を開始します。

みなさんも休日のダラダラ過ごしたい時に仕事を命じられると、はぁ…とため息も

つきたくなりますよね。平日のやる気に満ち溢れている時は仕事を命じられても、

うっしゃ!やるぞぉ!っと意気込みますよね。体も同じなんですねぇ(#^.^#)

余談ですが電気やテレビつけっぱなしでは体に刺激が入り続けてしまって、脳が

休めなくなってしまいますから、寝るときはできるだけ真っ暗に、最低でも二色

蛍光位にしておきましょう。

さらに遅い時間の食事・暴飲暴食も内臓に負担をかけてしまい眠りが浅くなるため

寝起きがすっきりしない状態となります。22時以降の食物の摂取を控えるだけで

寝起きが楽になるかもしれません。(無理なくダイエットもできるかも…)

最後までお読みいただきありがとうございました。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine