2011-10-04

Good Life Magazine  第 35 号  睡眠

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Good Life Magazine 第35号              2011年9月10日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

───────────────────
◆ 「睡眠」 ◆
───────────────────

皆さんこんにちは

9月に入ったにも関わらず本日の気温は30度を超え、昼夜ともにまだまだ

蒸し暑い日が続いておいります。

最近ではそこまで夜の蒸し暑さは感じられませんが、朝起きていると寝汗がダラダラ…

そんな経験を皆さんもしているのではないでしょうか?

今回はそんな寝苦しい夜に少しでも解消していただく方法をお話させていただきます。

そもそもなぜ寝苦しくなるのでしょうか?

寝ていると深く眠れば眠るほど体温が下がる作用があります。

つまり、お布団で暖まった身体の熱を外に逃がさないと体温は下がりません。

体温を下げるためには汗をかくことが重要です。人には汗をかいて熱を外に逃がす

機能があります。

しかし、湿度が高いと汗が気化されず熱を逃がす機能がうまく働きません。

また布団と接している背中の体温が上昇し体温が下がらない状態となります。

これが寝苦しさの正体です。

では寝苦しさを解消するにはどうすればよいでしょうか?

よく昔の人は言いました「頭寒足熱」!

頭が冷えて足が熱い状態が一番集中できると。

睡眠もまさにそのとおりです。やり方はそれぞれありますが、冷えすぎない程度の

水枕や冷却ジェルなどを背中、首にしいてお休みいただくか、わきの下において

お休みいただくと体温が下がる効果があります。

体温を効率よく下げて快眠を取れるようにしましょう!

ぜひお試しください。


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine