2011-10-01

Good Life Magazine  第 31 号  リラクゼーション法 No.2

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
Good Life Magazine 第31号              2011年7月6日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 

───────────────────
第2回 リラクゼーション法
───────────────────
 
 
今回はどこでも簡便に行えるリラクセーション法をお伝えします。
 
 

リラクセーションとは、息抜き・くつろぎ・緊張を解くという意味であり、
 
身体や心が張り詰めた状態になっていないこと、つまり「リラックスしている
 
状態」を言います。
 
 
このようにリラックスしている時の状態となるよう意図的に身体へ働きかける
 
ことを「リラクセーション」と言います。
 
 
リラックスしている時の身体は、交感神経(身体を興奮させる神経)による
 
筋の緊張を抑えるだけではなく、ストレスの軽減や身体の免疫機能を高める
 
効果があります。
 

リラクセーションには、様々な方法がありますが、今回は「呼吸法」を
 
2つご紹介します。
  

【1】深呼吸法(どこでも簡便にできるリラクセーション法)
 
   1)方法
 
    ・鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくりと吐きます。

   2)注意点
    ・肩や全身の力を十分に抜くことを意識しましょう。
 
    ・一番落ち着ける姿勢や、静かな場所で行いましょう。
 
    ・身体を締め付けるような物は外しましょう。
     ※ブラジャーや腕時計など
 
 
【2】カウント呼吸法(中級者用)

   1)方法
 
    ・1秒で息を吸って、4秒間息を止めます。その後、2秒で息を吐きます。
   
   2)注意点
 
    ・4秒間息を止めることが難しい場合は、2秒間止める事から初めて見て
     ください。慣れてきたら徐々に息を止める時間を増やしていきましょう。
 
    ・息を止める理由は、身体の中に入れた酸素を体内中に巡らせるためです。
     また、息を吐く時間を長くする理由は、リラックスする神経が活発に
     働くようになるからです。
 
    ・呼吸法によって身体に酸素をたくさん取り入れると、代謝機能が高まり
     免疫力も上がると言われています。
 
    ・他、深呼吸法の注意点と同様になります。

呼吸法を行う前に肩を動かしたり、首を軽く回してみてください。
 
呼吸法のあとに、これらの動作が軽くなったりしていれば、
 
リラクセーションが得られている証拠です。
 
 
呼吸法によるリラクセーションは簡便にできるため、日常生活やお仕事の時、
 
そしてスポーツなどの時にもその場でできる方法です。
 
 
皆さん、是非試してみてください!

 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine