2010-01-03

GLM スポーツ村  Vol.3  水分補給

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Good Life Magazine スポーツ村 Vol.3          2012年3月24日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

スポーツ村の村長、今関(理学療法士、専門:バスケット)です。

今年は強い寒波による影響でなかなか春が訪れる気配がありませんでしたが、

ようやく河津桜も咲き終わり、春の訪れを少しづつですが感じられるように

なってきました。

今回のテーマは水分補給についてです。

この時期、熱中症などの心配がないため水分補給を忘れられがちですが、人間の

体は約60%が水分で、筋肉から内臓、脳に至るまで水分は全身で活躍しています。

なので、季節を問わず水分補給は重要なんです!!!

◆水分補給をしないとどんなことが起こるの???

スポーツ活動時は多くの汗をかくことで体温の上昇を防ぎますが、水分が不足する

と体温調節が効かなくなるばかりでなく、全身の機能が低下します。筋では痙攣が

起こり、判断力が低下、疲労が大きく現れます。

極度の脱水では昏睡状態になることもあり、脳への影響も大きく、高齢な方では

脳梗塞の危険因子となります。

◆どんな水分補給が必要???

スポーツ活動を安全に、よりパフォーマンスを向上させるためには、

こんな水分補給がオススメです。

頻度:10‐15分に1度

量:1回につきコップ1杯(150‐250ml程度)

温度:5‐10℃

成分:気温が低い・軽い練習(汗が少ない時)  →  水のみ

気温が高い・激しい練習(汗が多い時)  →  水とスポーツドリンクを
2倍に薄めた物

特に重要なのは、『頻度:10‐15分に1度』です。実は、喉の渇きは身体からの

SOSサインと言われています。もちろん、それ以外の理由でも喉の渇きは起こり

ますが、スポーツ時には発汗などによって、どんどん水分量が低下していきます。

それによって、血中塩分濃度が高くなっていたり、電解質濃度のバランスが崩れ

始めていたりと目に見えない部分で変化が起こります。これをどうにかしようと、

身体が喉の渇きとして訴えるわけなんですね。

なので、1度にたくさん水分補給よりも、喉が渇く前に水分補給を行う事が効果的

というわけです。

また、市販されているスポーツドリンクは、汗をかくと同時に失いやすいミネラルの

補給に適しているのですが、糖の量が多く含まれているので水分吸収を妨げてしまう

ことがあります。なので、粉末のものを表示より2倍に薄めるぐらいが丁度いいです。

水とミネラルの組み合わせは、水分を吸収しやすくなるのでオススメです。

春は始まりの季節です、これからスポーツを始めようとしている方や、更なる

レベルアップを考えている方が多くいると思います。体調管理に気をつけて、

楽しいスポーツ活動を行っていきましょう!!!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine