2010-02-01

GLM 食育村  Vol.1  食物連鎖は酵素連鎖

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
Good Life Magazine 食育村 Vol.1          2011年5月11日

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
 
本メールは、メールマガジンご登録者で都道府県が青森県、岩手県、秋田県、
宮城県、山形県、福島県以外の方々にお送りしております。
  
 
─────────────────────────────
◆食物連鎖は酵素連鎖   ~食事で得られる酵素について~ 
─────────────────────────────

【1】食事の目的⇒酵素の摂取
 
人間にとって食事は、エネルギー源となる栄養の摂取が主な目的です。
 
世の中では様々な栄養補助食品などが溢れ、重要な栄養素としていくつか取り
上げられたりもしています。

その中で、今注目を集めているのが、「酵素」です。
 
「酵素栄養学」が有名になり始め、いろんな書物が出ており、日本でも参考に
されている方も多いかと思います。
 
今回は初回ということもあり、まずはこの酵素についてご紹介したいと思います。
具体的な内容は次回以降になりますが、食事の基本となる酵素を少しイメージで
理解して頂ければと思います。

【2】酵素について
 
酵素とはタンパク質で覆われた細胞のような生命物質ですが、何かの細胞や組織
に付くことでその能力を発揮します。例えば免疫や筋肉、神経が十分に働いてく
れるのも、身体の中のあらゆる組織で酵素が働いてくれているからです。もちろ
ん、これには体の中でエネルギーを作り出すことも含まれます。
 
酵素の量=寿命とまで言われるほどです。
 
この酵素は体内では菌によって作られています。人間の体で菌が繁殖している
場所といえば腸内です。腸に住む腸内細菌が、3000を超える酵素を生成していま
す。ですが、身体が酵素を使用する量は、生成する量を遥かに超えています。
そのため、動物は食事で酵素を取り入れなければなりません。その際に取り入れ
られる酵素は「食物酵素」と言われ、良い食事ができていれば、体に蓄えられて
いきます。そうやって、蓄えられた酵素は、「消化酵素」「代謝酵素」として使
い分けられていきます。
 
さて、この酵素は健康について、どのような効果をおよぼしているのでしょうか?
 
 
【3】健康に対する酵素パワー

酵素が体に及す力は測り知れませんが、健康を考える上で欠かせないのが「解毒」
です。解毒は、セルフクレンジング(自己浄化)とされ、セルフヒーリング
(自己治癒力)、セルフメインテイニング(機能維持力)と共に、体が健康を保ち
続けるための3大要素とも言われています。
 
解毒については広い意味と狭い意味があります。広い意味には体全体で出た老廃物
を肝臓で解毒し、また体外に腎臓・大腸から排泄することが相当します。
 
一方、狭い意味には人体の各細胞で出た「不良たんぱく質」を分解処理するために、
専用の酵素が使われます。
 
つまり、これらが円滑に行われていなければ、体内には老廃物が溜まり、細胞・組織
の機能が低下して様々な病気に繋がっていきます。元気がなくなり、気力がなく
なるのはこの解毒を十分に行うための酵素が不足してきた結果と言っても過言では
ありません。
 
この解毒に必要な酵素を十分に取り入れるためには、やはり食事が必須となりますが、
安易に大量に食事を取れば良いのかということではありません。
 
食物から酵素を摂取するには消化・吸収といった作業が十分に行われないと酵素を
蓄えることはできません。ですので、酵素を摂取するために、適切な食事ということ
を少しでも実践していっていただきたいと思います。
 

【4】おわりに
 
今回は具体的な食事方法の話をする前に、酵素の大切さについてお話ししました。
今後は食事方法について、そのウンチクを少しでも理解して頂くのにお役に立てばと
思います。
 
 
これからも、様々な情報をお届けします。お楽しみに!
 
 

村長:尾崎 純

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine