2010-03-02

GLM ゴルフ村  Vol.1  ゴルフと突然死!~ライフスタイルを見直そう~

▼△▼△▼△NPO法人FINE△▼△▼△▼
▼△▼△▼△医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科△▼△▼△▼

***  Good Life Magazine  ***
ゴルフ村 第1号 :2011.02.02 http://seisen.info/

△▼△▼△▼△▼               ▼△▼△▼△▼△

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~*~*

Vol.1 ゴルフと突然死!
~ライフスタイルを見直そう~
 
 

【1】ゴルフでの突然死率
 
 東京都監察医務院が9歳~79歳における過去5年間で運動中の突然死を調査しました。(全国で624例の死亡)1位がランニングで26%、2位はゴルフで13%だそうです。
 
しかし、これが40歳~64歳のデータになると、なんと1位はゴルフ!!(28%)2位がランニングで19%と逆転してしまいます。
 
また、別の調査では、年間70人のゴルファーが突然死している計算になると言われています。
 
 
【2】原因はライフスタイル
 
決して、ゴルフというスポーツが死を招くスポーツということではなく、ゴルフをされる方のライフスタイルに突然死を起こすような要因が含まれていると言われています。
 
ゴルフと言えば『プレー中でもタバコが吸える』『プレー中でもお酒が飲める』『ゴルフ場のご飯は高カロリー高脂肪食が多い』などなど・・・(酒好き村長)全てのゴルファーがタバコやお酒を飲むわけではないのですが、比較的ゴルファーのライフスタイルにありがちなのは、仕事上での飲食接待が多く、栄養過多で肥満体の人が多く、ストレスや時間に追われる生活により車使用率が高い(歩かない)など、動脈硬化のリスクファクターを助長する日常生活が浮き彫りになっています。
 
 
【3】ライフスタイルを見直そう!
 
 当然、動脈硬化のみではなく慢性的な痛みを持つゴルファーも多いことから、今一度ライフスタイルを見直してみてはいかがですか?例えば、痛みがあればまずリハビリをして改善させる!リハビリを行えば定期的、継続的な運動も行えるため動脈硬化予防にもつながります。(宣伝ではありません・・・(^_^;))
 
また、食事も肉魚乳製品などの動物性タンパク質の摂取を少なくすることや、食前に生野菜や果物を食べることで消化を促し、栄養吸収を促進してくれます。こんなちょっとの工夫で体は本来の姿になろうとしてくれます。その結果、ゴルフスコアも・・・なんてことも十分あります!

おわりに
 
いきなり第1号から『死』のお話をしてすみません。しかし、ゴルフは生涯スポーツとも言われ年齢を問わず楽しめるスポーツであり、老若男女共通の会話の原点にもなり得るスポーツです。
 
一番伝えたいことは、楽しくゴルフをするための準備をしよう!ということです。
 
これからも、様々な情報をお届けします。お楽しみに!
 

<今日の雑学>
 
~クラブの本数が14本になった理由は?~
 
クラブの本数に制限のなかった頃、何十本ものクラブでラウンドする者、なかにはリヤカーに収め切れないほどの数のクラブを詰め込んだ樽を乗せてそれをキャディーに引かせてラウンドするプレーヤーまでいたそうです。
 
さすがにこれではたまらないとスコットランドのキャディーで組織された労働組合が全英ゴルフ協会・通称R&A(ロイヤル・アンド・エインシェント)に改善を求めてクレームを申し出た事から、ルールで正式にクラブ本数の上限が設けられることとなったそうです。

実はこの件についてはさらに逸話があります。
 
クレームを受けたR&Aではクラブ本数の上限をそれでははたして何本とすれば妥当なのか、リーサーチと協議を重ねた結果、13本がよいのではないかというひとつの答えをだしました。
 
ところが、この「13」という数字はご存知のように西洋では忌み嫌われる数字です。
 
R&Aで決議をする段になってひとりの理事が「13本ではどうにも不吉な数字なので1本増やして14本にしてはどうか」という趣旨の発言をし、全員がこれに賛成したそうです。

こうしてクラブ本数の上限は14本と決められました。

村長:じゅん・クルーニー
 
 
****************************************
発行:NPO法人FINE、 医療法人社団SEISEN 清泉クリニック整形外科
URL : http://seisen.info/
**************************************


  • NPO FINE 特定非営利活動法人ファイン
  • 通所リハビリテーション(デイケア静岡)
  • 通所リハビリテーション(デイケア鹿児島)
  • スタッフブログ
  • 清泉クリニックが紹介されました
  • 痛みのリハビリ
  • 採用情報
  • KOKO-KARA 研究会
  • 学術報告
  • GoodLifeMagazine